ゆりはり堂 お母さんの身体が整えば家族も元気 岩手北上

ゆりはり堂院長の鍼灸あん摩マッサージ指圧師のゆりです。

岩手日報の折り込み取材

今日、先程、

タイトル通り、

岩手日報の折り込み版の取材を受けていました。

 

数枚の広報誌です。

 

そちらのワンコーナーで

なんとなんと、

ゆりはり堂を紹介してくださる!

とのこと。

 

嬉しいやら、

恥ずかしいやら…

 

カメラマンさんとの撮影なのに、

相変わらずの、

ノーメイク😅

 

取材…

というより、

私の仕事のこと、

仕事に対する想い…

などをお話させていただきました。

 

まとまりのない、

拙いお話しでしたが、

どんな風に化けるのか、

大変楽しみであります!!

 

来月末頃の折り込みとのことでした。

 

手にしてもらえたら、

嬉しいです!

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年も、つたないブログではありますが、

宜しくお願い致します。

 

昨年末は、

ネット世界とリアル世界での気持ち悪い体験をしまして…

 

私としては、

珍しく、メンタルが揺さぶられました。

 

ブログを開ける回数も減り、

更新も滞りました。

 

新年も迎えたことですし、

気持ち新たに、行きたいと思います。

 

女として、

妻として、

母として、

主婦として、

院長として、

お蔭様で毎日充実した時間を過ごさせていただいております。

 

楽しい時間、

楽しい私を大事に、

日々過ごしていきたいと思います。

 

 

本年も、

どうぞ宜しくお願い致します。

 

あきちゃんへの哀悼

初七日を迎える今日。

 

先週、従姉妹のあきちゃんが旅立ちました。

 

私と同い年、38年という、

なんとも短い生涯。

 

彼女の姉曰く、

濃く、短い人生だった。

 

ほんと、その通り。

 

高校生から続いた、体調不良。

その最後は、ガン。

 

晩年は、私の治療院で、お話会やエステ会をしたりと、

一緒に仕事ができたこと、

楽しい時間を貰いました。

 

実は、私の夢は・・・

本家の家の空き地に、接骨院を建てることだった。

玄関を開けると、まず、こたつ(笑)

いつも、茶の間に座っていた、おばあさんにも出勤してもらい、

近所の方々の憩いの場に。

ドアが二つ。

1つは、私の、治療院。

もう一つはあきちゃんのエステサロン。

3人で一緒に仕事することが、夢だったぁ…。

 

そんなこと、ふと、思いだして、

叔母と最後の食事を囲みながら、そんな話をしたんだった。

 

お葬式で、彼女の幼馴染という方と話していた時、

不思議な話を聞いてしまった。

 

彼女は、西洋医学と、東洋医学をはじめとした、代替医療、食事療法など、

それはそれはかなりの調べ物をしていた。

彼女のど根性で、今までの体調不良は、終息してきていたが、

心の深い所での、苦しみが癒えてなかったのかな。

 

西洋医学は途中で辞めてしまったが、

果たして、

最後まで西洋医学を通しても、

至る所は同じだったのかな…!?

 

なんて気さえしてしまった、私。

 

中間子で育ち、親へ甘えることを知らずに育ち、

男になんて負けてたまるかな精神で過ごし、

相手のことを第一に、

自分の事は二の次に…。

皆は優しい…とは言うが、

本心を出せずに、一人戦い抜いた人生だったのかな…

そんなことを思うと、これを記していても、涙が止まらない。

 

晩年の彼女は、心からのいい顔をしていたと思う。

 

最後は、お母さんに看病をしてもらい、

今まで甘えられなかった分を取り返すように、

甘えていたんだと思う。

 

二人で一人、そんな感じにも見受けられた。

 

彼女が亡くなったと知らせが朝一であり、

その後、仕事と仕事の合間に、お焼香に出かけたが、

横になっている彼女の顔は、すがすがしく、

叔母の顔も、ほっとして、落ち着いているように見えた。

 

2人にしか分からない状況だが、

2人とも、満足していたように見えたし、

話した。

2人とも、やるだけのことはした、

出し切った、

悔いはない。

そう叔母も言っていた。

 

不思議な光景だったが、

他人が介入することなく、

彼女の満足するまま、

それを受け入れた、叔母。

 

ようやく、本当の親子になったんだと思うと、

嬉しくなった。

 

同じ、中間子の私は、痛いほどよくわかる。

私は、客観的に、自己分析は終わっており、

心の痛み、

母との関係は、

浄化できていると思っている。

 

オットの素直な甘えが、最初は、気持ちが悪かったが、

人は、こうして、人に甘えていんだと、

いうことを教えてくれたのは、オットだった。

 

私の中にいる、インナーチャイルドを癒してくれたのは、

オットなんだろうな。

 

人は出会いで変わると、思った。

 

1人の人生から、

色々な事を学んだような気がする。

 

胎内記憶からすると、

使命を決めてくる。

そして、親を選んでくる。

 

全てはシナリオだったのではないかと、

本当にそう思わせて貰った。

 

ただ、

葬式の最中に考えていたのは、

喪主の、思い。

 

我が子の葬式を出す、

親の気持ち。

 

正直、

自分ごとに考えてしまうと、

ゾッとする!

 

叔父は、キリッと、

喪主を、成し遂げた。

 

心底、尊敬する。

 

一番、

誰よりも深い悲しみがあるはずだ。

 

叔父と叔母、

どうか、彼女の分も、

元気に長生きしてもらいたい。

 

彼女の笑顔のために。

 

 

二十八日、記す。

 

 

サンタさん!!

ご近所のおじいちゃんが孫のために

サンタさんになるとのお話を聞いて、

今日、おじいちゃん宅に直撃訪問(笑)

 

娘のプレゼントを託して来ました!!

 

ちゃんとちゃんと、

 

サンタさん🎅

娘の元へきました!

 

今日、保育園でもクリスマス誕生日会をしたようで、

サンタさんが来ても泣かなかった模様。

 

自宅に来たリアルなサンタさんに

ややビビってはいたけど、

娘の記憶にちゃんと留まっていたみたい。

 

喜んでプレゼント貰ってました。

 

f:id:loves-cat-go:20191224233636j:image

 

部屋に戻って写真撮るときは、

ハニカミ笑顔。

 

嬉しかったみたいだね!

 

そんな日の我が家の夕食は…

 

ホッケ焼きと、白菜の煮物…

純和食でした(笑)

薪ストーブ、火入れ式

 

皆様に遅れること本日、

ようやく

薪ストーブに火がつきました。

 

f:id:loves-cat-go:20191116210232j:image


本日より快適な我が家♪

 


アメリカ🇺🇸のストーブなので、

アメリカ🇺🇸のお酒で🥃、

お神酒の代わりに、

使用中の無事を、お祈りしました。

f:id:loves-cat-go:20191116210139j:image


娘もなむなむ…

 

f:id:loves-cat-go:20191116210258j:image

七五三

娘の七五三してきました。

 

家庭行事でも、何かイベントをやるって、

大変ですね。

 

まず、今年やるのか、来年やるのか…

数えなのか、満なのか…。

 

母が着物を貰った…

と聞いたので、

軽い感じで決めました。

 

ガラが華やかな着物が嫌いなのと、

大手のスタジオは高額のため、

それを回避するために、

頭の中はフル稼働の四苦八苦。

 

カメラマンさんには無理言って日程を合わせてもらい、

両家の両親と我が家の日程、レストレンの予約。

全てがかみ合いなんとか、晴れの日を迎えられました。

 

義両親は前泊してもらい、

私の両親は、8時前には、来てもらい…。

 

娘の頭のセットは、8:30に予約…。

f:id:loves-cat-go:20191115155632j:image

初めての美容院で、ドキドキの娘。

最初は抱っこだったけど、

やりにくと言われてしまい、

与えられた

YouTubeに娘はご満悦。

最後まで大人しく座ってました!

動画のパワーすごー!

 

 

頭のセット、悪戦苦闘でした。

美容室にお願いすれば終わりかと思いきや、

何か、こだわりリクエストを!!

との課題が出てしまい、

ここから、更なる苦悶が始まる…苦笑

 

知り合いに、水引アクセサリー作家さんがいたので、

1週間後の納品!

と偉そうなオーダー。

形と色のリクエストをしないとなんですよね。

ココが、一番の苦手ポイント。

つまみ細工とのコラボを提案してもらい、

即決。

あとは、色。

シンプルな着物だったので、

そこに唯一入っていた色をメインにチョイス。

完成の妄想が出来ず、作家さんと談義。

なんとか、ものにしてもらいました。

 

化粧はしなくても、紅くらいは…

と思い立ち、石油製品でない化粧品を紹介している知人に、

真っ赤な紅を拝借。

そのときに、何気なく、髪型の相談をしたら、

相手の頭の中をお借りして、生理させてもらいました。

 

お友達の力を借りて、

なんとか、頭問題、解決!!

 

趣味カメラマンさんを、

従姉妹のあきちゃんに紹介してもらい、

はるばる、宮城から、駆けつけてもらいました。

 

カメラマンさんへのオーダーは、

自宅で、型物写真。

その後、神社に移動し、家族を含めた、

スナップ写真。

 

カメラマンさん到着後、娘一人の撮影会スタート。

f:id:loves-cat-go:20191115155715j:image

 

思ったより…

じっとしてない…

一人で立っているの、疲れた…と、

さっさと座りだし、草履、足袋を脱いでしまい…

やりたい放題スタートな感じ。

f:id:loves-cat-go:20191115155754j:image

 

自宅撮影もさ、

簡単に考えていたけど、

色々見てみると、

畳にシーツ敷いて、でいいかな、なんて、安易な発想していたよ。

実際は、100均でグレーのフェルト買うも、小さすぎ、

実家から、絨毯を持ってきてもらい、

その裏側を敷き、畳を隠し、

吊るし雛を作る母の作品をぶら下げてもらい、

和雑貨を並べて、なんとか、写真館らしく、なったかな…!?

 

娘のグズグズにお付き合いしながら、

家族写真、

両家との写真、

皆での集合写真、

とサクサクっと撮ってもらいました。

 

その後は、神社へ。

自宅では草履を嫌がっていたのに、

神社では、最後まで草履を履いていた娘。

偉いぞ。

着いたときは、ご祈祷お終えた方々の集団があり、

混んでいるのかと、待合室で待っていても、誰も来ず、

我がファミリーだけの貸し切り!!

贅沢させてもらいました。

 

相変わらずのビビリで、太鼓のドンドンにおびえたものの、

最後まで泣かずに過ごせて、

ホッ。

f:id:loves-cat-go:20191115160125j:image

境内の中での撮影スポット等々、

何か所かで写真を撮ってもらい、おしまい。

七五三前に執り行ったが、

北上の秋は、寒い。

寒いながらも、娘は根をあげず、頑張りました。

 

カメラマンさんとは、ここでお別れ。

その後、お祝い膳を食べに、一路、鉄板屋さんへ。

予約していたものの、待ち時間があったので、

娘は早着替え。

着慣れない着物で、ちょっとお疲れだった模様。

入籍記念以来の鉄板屋さんだったので、楽しみだった私。

席に着いてからもなかなか始まらないお料理。

若干イライラ気味な私。

前菜、スープ、お魚、お肉

f:id:loves-cat-go:20191115160146j:image

と色々少しづつ楽しませてもらい、

お腹も満足。

娘も、お子様プレートで満足していたかな!?

f:id:loves-cat-go:20191115160249j:image

 

さて問題はここから。

あとデザートだけ…からーの、1時間待ち。

お疲れの娘は、眠くて、椅子に乗ったり降りたりと、

暴れ出す…。

出てきたデザートも、子供から出してくれればいいものの、

子供は一番最後。

両親の帰りたいオーラ全開で娘はゆっくりと食べられず、

残してしまいました。

 

自宅に戻ると、両親たちは、それぞれの家路へ帰って行きました。

遠くから来てくれて、どうもありがとうございました。

 

お昼寝タイムかと思いきや、

裏のお友達が着物を見に遊びに来てくれました。

2人そろって、カメラ目線、なんて写真は、難しい!!

 

結局お昼寝が出来なかった娘は、

18時半には就寝。

 

思い出に残る一日になればいいなぁ。

 

カメラマンさんの写真は後日届きます。

出来上がりを楽しみに、待つことにします。

 

来年も!?

やろうなんて言ったら、

怒られるかな😅